2010年01月20日

「11年に組員殺害」 強殺で起訴の男再逮捕へ 宮城(産経新聞)

 仙台市内で飲食店を経営していた石垣英治さん=当時(30)=を殺害し、現金を奪ったなどとして、強盗殺人罪などで起訴された北海道旭川市の無職、笹本智之被告(35)が宮城県警の調べに対し「平成11年にも東京都内の暴力団組員の男を殺した」と供述していることが17日、捜査関係者への取材で分かった。県警は供述に基づき、仙台市内の山林で組員の白骨遺体の一部を発見。殺人容疑で笹本被告を再逮捕する方針を固め、ほかにも数人が関与しているとみて慎重に調べている。

 捜査関係者によると、笹本被告は11年1月ごろ、東京都内のアパートで、当時所属していた都内の暴力団の30代の組員の首を絞めるなどして殺害し、仙台市太白区内の山林に捨てたと説明。県警は昨年11月ごろ、供述に基づいて白骨遺体の一部を発見し、この組員と確認したという。

 笹本被告は「男から虐げられていて、腹が立ったので殺害した」などと供述しているという。

 笹本被告は飲食店の同僚だった菅田伸也被告(31)=強盗殺人罪などで起訴=らと共謀し、16年9月3日、茨城県内で石垣さんから石垣さん宅の鍵と金庫の鍵などを強奪。翌4日に太白区内の山林で石垣さんを殺害し、石垣さん宅の金庫から現金約5千万円を奪ったなどとして、昨年8月と11月に起訴されている。

 捜査関係者によると、笹本被告は「石垣さんの遺体は山林に埋めた」と供述。県警は山林を2度捜索したが石垣さんの遺体は見つかっていない。

 菅田被告は全面否認し、「金庫から現金を出したが、石垣さんの両親に渡した。強盗ではない」と話しているという。

【関連記事】
「遺体なき殺人」物証追う苦悩の2カ月 宮城県警「毛髪だけでは…」
16年から不明…遺体なき強殺容疑で再逮捕

大阪・羽曳野で男が猟銃発砲 3人死傷、男は自殺(産経新聞)
水深150メートル、船名の一部か=10人乗り漁船遭難−長崎(時事通信)
小沢氏だんまり、進退には強気の姿勢(読売新聞)
<鳥取不審死>元ホステスと同居の男が殺害経緯の供述始める(毎日新聞)
「天下り」10ポスト削減 府、22年度から 半数は原則公募(産経新聞)
posted by かませーお at 17:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。