2010年06月11日

イラ菅首相は「頭が切れすぎ」=鳩山氏(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は5日午後、都内の東京工業大学で理工系の大学院生らを相手に講演した。同大学は、菅直人新首相の母校。鳩山氏は「私よりも10倍も1000倍も頭の切れる方」と菅氏をまずは絶賛。続けて、「イラ菅」と呼ばれる「切れやすい」性格にひっかけて、「頭が切れすぎる」と指摘し、「次の首相に向かって何を言ってるんでしょうか」と述べると、会場からどっと笑いが起きた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相が退陣〜
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
新首相でも普天間解決困難=谷垣氏
菅氏になりすましツイッター=民主が注意喚起の文書

<口蹄疫>宮崎県えびの市で豚の出荷始める 制限解除され(毎日新聞)
逮捕の「撮り鉄」男 神戸市交通局職員だった(産経新聞)
初夏の一大絵巻「壬生の花田植」開催=広島県北広島町〔地域〕(時事通信)
遺族への賠償命じる=全国初の裁判員事件被告に―東京地裁(時事通信)
<付属池田小殺傷事件>8児童の冥福祈る式典 発生から9年(毎日新聞)
posted by かませーお at 19:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

父の日にバラを! 鳥取・米子でバラ摘みイベント(産経新聞)

【ふるさと便り】

 母の日のカーネーションに比べて認知度の低い「父の日」(6月第3日曜日)のバラを定着させようと、鳥取県米子市淀江町でバラを生産する森田園芸が27日、市民らを招いてバラを摘んでもらう体験イベントを開いた。

 同市などから8人が参加し、「ルーレット」や「ニューミラクル」「サンティアゴ」など20種類が栽培されている約1200平方メートルのハウスで、好みのバラを採花した。

 摘んだ花を使ったフラワーアレンジメント教室も開かれ、参加者らは赤やピンク、黄色など色鮮やかな作品を仕上げていた。

 参加した鳥取県大山町の中原喜代子さん(74)は「何種類ものバラを摘んだのは初めて。父の日には夫にバラを贈りたい」と話していた。

【関連記事】
お父さんはやっぱりノケモノ「自宅難民」急増中、どうする!?
育児楽しむ男性応援 父の日に「イクメン大賞」
明治製菓 父の日商戦で「甘さ控えめ」の新チョコ菓子
色とりどりのバラ見ごろ、港の見える丘公園
格安のバラがズラリ あらかわバラの市にぎわう

ケータイ圏外だと「嫁も孫も来ない」 総務省が「地方の悩み」報告書(産経新聞)
福島県「婚活」HP開設へ…少子化対策に本腰(読売新聞)
事業仕分け第2弾の後半戦が終了―刷新会議(医療介護CBニュース)
高知のKと岩手のIで「K・I援隊」互いに交流(読売新聞)
朝鮮学校無償化、哨戒艦事件と別議論で…文科相(読売新聞)
posted by かませーお at 23:11| Comment(19) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。