2010年01月23日

ティンカーベル「綿100%」実はポリエステル(読売新聞)

 子供服製造販売「ティンカーベル」(東京都港区)が販売したジャンパーなどが、品質や製造国の表示に誤りがあり、消費者庁は21日、景品表示法違反(優良誤認など)に当たる恐れがあるとして同社に再発防止策を求めるよう警告した。

 同庁などによると、誤表示があったのは昨年1月〜9月に全国の百貨店などで発売されたパーカー、女児スーツ、ジャンパー、ショートパンツなど6製品(計625点、約376万円相当)。「ポリエステル100%」のジャンパーを「綿100%」と表示していたほか、タイ製のショートパンツを中国製と表示するなどしていた。いずれの製品も昨年10月から回収を始めている。

 同社は「製品の仕様書をよく確認せずに表示札を作成していたほか、チェックも徹底されていなかった」としている。

クジラ肉お買い得 キタの百貨店(産経新聞)
<地質年代「第四紀」>258万年前からに変更 再調査で(毎日新聞)
腰抜けではない!民主議員が産経コラムに反論(産経新聞)
<名古屋市>予算案で市民公聴会 子育て、福祉に意見相次ぐ(毎日新聞)
地球生きもの委員会設立へ(産経新聞)
posted by かませーお at 04:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

橋下知事「大阪府しっかり連携を」 大震災備え大規模訓練(産経新聞)

 大阪府は15日、大規模地震を想定した災害対策訓練を実施。府職員ら約1700人が参加し、緊張した面持ちで訓練に臨んだ。

 訓練は休日の午前9時にマグニチュード7・6の地震が発生、建物が倒壊した上、死傷者が多数出たという想定。公共交通機関が遮断されたなかでの職員の登庁状況を確認するため、この日は多くの職員が徒歩や自転車などで出勤した。

 訓練について、橋下徹知事は「地震はいつ起こるか分からないので、油断することなくつねに意識しないといけない。各部署はしっかりと連携して円滑に動いていたのではないか」と講評した。

 また、府警も約4500人が参加して大震災警備訓練を実施。警備本部を設置するとともに、徒歩での参集など初動対応を確認。能勢町の会場では、防災関係機関と連携しながら、ヘリによる部隊輸送や救出・救助など大掛かりな訓練を行った。

【関連記事】
地方に課税・立法権 橋下知事、地方政府法私案を提示
「天下り」10ポスト削減 府、22年度から 半数は原則公募
大阪府、大阪市、堺市の3教委が“歴史的和解”で事業連携へ
橋下知事の伊丹廃港論、関経連会長が改めて反対表明
府立図書館の土地所有権、橋下知事が大阪市有地と認める

「先生の指示で金運ぶ」 小沢氏の“金庫番”石川容疑者(産経新聞)
<石川議員逮捕>任意聴取拒否 逮捕当日に一転(毎日新聞)
土地探しに小沢氏関与、大久保被告が案内(読売新聞)
歌手の浅川マキさん死去=ユニークなライブ活動を展開(時事通信)
企業・団体献金禁止、福島氏前向き亀井氏慎重(読売新聞)
posted by かませーお at 07:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。